Destination key

自然に還る移住生活を目指して

みかん収穫

f:id:kaho1one:20181017004834j:image

風邪をひいた時はコレって

私は、みかんとか100%のオレンジジュースだった。

子供の頃は食べ過ぎで、母から、肌がみかんの色で黄色くなるよ!と

脅された。八朔は酸っぱくて食べられないと家族が言う中、1人黙々と食べ続けるほど、みかんが大好きなのだ。

 

だから、旅行で和歌山に行った時に初めて見たみかんの🍊木が、もう楽しくて楽しくてワクワク感が止まらない。仙台生まれの私は実が成る木と言えば身近なものでは、実家の庭にある柿の木、梅、花梨くらいだった。レモンの木を買って花を咲かせるまでは良くても実は2センチほどで、終わってしまったので、沢山の実をつけたみかんの木は私にとってはすごい感動的な存在だった。

f:id:kaho1one:20181017004935j:image

一昨年は、八朔の収穫✨採り過ぎて倉庫に山のようになって、売るためにラベルを作ったり、お友達や来る人くる人に配り、実家にも送り、ピールやオランジェットを作ったり、ケーキを作ったり色々楽しかった✨

f:id:kaho1one:20181017004939j:image
f:id:kaho1one:20181017004931j:image

そして去年は念願の、

みかん収穫🍊お手伝い出来ました✨

有田みかんです🍊

f:id:kaho1one:20181017005056j:image
f:id:kaho1one:20181017005059j:image

世代交代後の若い世代が筆頭に立ち頑張っている農園でお世話になったので、散々、上の世代から聞かされたキツイよ!腰悪くなるよ!身体もたないよ!などの脅しも、?そう言えばそんなこと言われてたなあ...と現実はそうでも無くて楽しい記憶しか無いので、上記3K?を感じたことはなく済みました。

 

ガーデニング用帽子と言うとサラッとオシャレな感じですが、顔を覆い尽くし目だけ見える農作業用の帽子にも憧れていたので、去年買いました!それでも、海に行くから、日焼けした肌色が定着しつつあるので、どうでもいいんだけど、虫除け草木避けとして優秀なので、ここぞとぞばかりに利用してます。

 

青空の下でいただくお茶やおやつも楽しくて美味しい!のです😊

 

今年もまた始まります✨✨

f:id:kaho1one:20181017004309j:image

※このブログに掲載の写真は全てkahoが撮影したものです。無断転載・転用・使用・コピー禁止とさせていただきます。

天の河で泳ぐ

まだまだ半袖でも平気な気候ですが、もう10月。暑い日、寒い日と極端な寒暖差の激しい季節がやってきました。

また、この夏の思い出を記事にしたためたいと思います。

 

子供の頃より、父の影響もあって、川とか海が好きな私、住むところも川か海がそばに無いと息苦しい感じがするので、賃貸の不動産屋さんでなんか変な女だと思われていたかもしれない。どう思われようが構わない。川も海も好きなのだから。

 

まあ海好きは結構いるので、和歌山の時は物件を借りる時にも、海のそばという条件を出したけれど、海好きなサーファーが移り住んでる事も多いので、特にあんまり不思議ちゃん(古いかも)扱いされなかったかも。

 

和歌山に来てから出来た友達に、よく話を聞く奈良県吉野郡にある天川村

 

www.vill.tenkawa.nara.jp

吉野の桜と言えば有名だから、自然の美しい村なのだろうと行って見たいところの1つだった。橋本市に住んでる友達に誘われて、天河大弁財天社 神社のお祭りがあると言うので突然、私も行きたいと行ってきた。今年の8月、まだ暑い夏真っ盛りな時だった☀️☀️☀️

 

www.tenkawa-jinja.or.jp

橋本市から車で1時間位奈良県吉野郡天川村へ。浴衣着ていこうと提案。着付け教室に参加したことのある私が着付け担当。浴衣の着付けはカンタン✨しんどいのは帯の結び方。

でも今はYouTubeがあるから、いくつかわかりやすく良いなあと思う出来上がりの動画を参考にしてみました。前日ちゃんと練習したのだよ。神社の改装後のオープニングセレモニーのようなお祭りなのでなんとなく、3色あるうちの白にバラと菊が入った浴衣を選ぶ。友達も白に菊の花。

 

不思議なことに、神社に着てた人はまるでドレスコードは、「白」と決まっていたかのように示し合わせたかのように白い服の人多かったので、なんだか面白いねとみんなで笑った。だって神社だから、と皆口を揃えて同じ事を言った。

f:id:kaho1one:20181013215358j:image

橋本市から天川へ行くまでの道のりが、絵の様な古き良き日本の故郷のような情景が残る山間の郷を抜けて行く。緑も深く、古いはずの民家が生き生きとしてるかの様に私には見えて、楽しい気持ちになってくる。

そして、天河大弁財天社に着いてlive観賞。結構混雑してる中、お詣りもしていく。新しくなった五十鈴を揺らし手を合わせる。

f:id:kaho1one:20181013215339j:image

五十鈴とは

五十鈴(いすず)は、天河大辨財天に古来より伝わる独自の神器

 特に芸能の世界にいあっては天宇受売命にあやかって、殊の外御精進あそばされる方々(俳優、舞踊、歌手、ラジオ、テレビタレントなど)は、同床共殿のあり方と精神にてこれを奉載され、この三魂(みむすび)の調和統一に意を用いられ、芸能技芸練達の器教とされますことを切に祈るものであります。

天河大弁財天社HPより抜粋)

今改めてこのブログの為にHPを見返して見ると、そんな御利益があったのね、と今更ながら知りました。芸能人は目指してないけれど、私は、歌うことが好きだし、声を褒められることが多いので、 ちょうど良かったのかもしれません。

f:id:kaho1one:20181013215436j:image

ご挨拶も終わり、天の河で沐浴です。

着てきた浴衣をパッと脱いで、もぞもぞ水着に着替えました。

透明度の高い清流です。子供の時以来、川で泳ぐことは無く足だけ浸し我慢していた時はもう終わりです。気持ち良く入りました。水が透明度高いし気持ち良いです。

散々行く前に他の友達にあの川は、冷たくて夏でも入れない。と脅されました。

でも私は東北人なので、大丈夫と、実際にザブンと潜って気持ちよかったです。そして、野生的カンがあるようで、行きたくない方向がありました。後で来た地元?もしくはよく来ている方達が言うには、私がこれ以上先には進みたくないと思った方向で、事故があったそうです。

猛暑日であろうが、水温が急激に下がる場所があるので、油断出来ないです。

最初に足だけ浸し、試してみることは必要です。また、水温が極端に異なる場所もあるので、急な心臓発作を起こす人は少なくないそうです。だから、川で泳ぐことはお勧め出来ません。どうしても入ってみたい場合、また、入ってみて、大丈夫と思っても、数分入って出て、お休みし、日光浴して、また温まってきたら入るなど自然にそうなるとは思いますが、長時間、川に入ることはおやめください。

 

 清流の美しさだけではなく、緑の森林浴も合わせての癒し効果にすっかり、気分上昇しますが、実はとても残念なことに、目に見える範囲の自然の中で、工事もしていました。自然災害の補修とは思えないなんか開発なんでしょうね。

 

日本人の神社ブーム、また日本大好き海外からの観光客の増加などもあってあらゆる地域で、補修工事がされています。トイレとかキレイになって私たちには都合いいのですが、自然破壊ともなるので、出来る限り最小限にしてほしいですね。

 

さて、帰りは五條市で揚げたてのコロッケのお店へ。国道24号線沿いにある大月精肉店さん。

私達が入ると、次々とお客さんが続けて入ってきた。少し待ち時間はあったものの、だって、揚げたてなんだから、待ち時間なく渡されたものって作り置きだから嫌じゃないですか?揚げたて、美味しかったですよ。コロッケとエビとホタテの串カツ✨うまぁああい

 

f:id:kaho1one:20181013215552j:image

本当に小さな幸せ噛み締めてるのと、その日1日の充実した日々を回想しながら吉野川を眺めながら、帰路についたのでした。

 

※このブログに掲載の写真は全てkahoが撮影したものです。無断転載・転用・使用・コピー禁止とさせていただきます。

 

 

不思議な魅力がいっぱいの橋本市

和歌山に行くことを決めて、色々と和歌山のことをガイドブックやネットで調べたのだけど、ほぼ、主な観光地としては、和歌山城のある和歌山市、各海水浴場、和歌浦、マリーナシティ、高野山南紀(地元の人は紀南と言う)、白浜、龍神村たま駅長で有名な、貴志駅、各温泉、熊野古道那智大社、速玉大社、熊野本宮、新宮くらいかな。

 

和歌山に来てから、知ったのは、根来寺、紀ノ川、加太、有田川町、古座川、橋本市紀美野町

その中でも橋本市のことは、全く存在すら知らなかった。

 

今回はその中でも前知識なしでこんな街があったのかと好きになった橋本市についての紹介。サラッとほあっと紹介✨

 

橋本市(はしもとし)は、和歌山県の北東端に位置する市である。和歌山県で唯一大阪都市圏(都市雇用圏)に含まれる市で、いわゆる和歌山府民が多い。 紀の川中流に位置し、かつては材木運搬、高野山宿場町として栄えた。 東西軸の京奈和自動車道・橋本道路及び、国道24号と南北軸の国道371号橋本バイパス(大阪府境以北は地域高規格道路大阪橋本道路」)が市内中心部で交差する交通の要衝としての発展が期待されている。(ウィキペディアより)

 

私が子供のころ、新築の家で、骨組み?土台が建てられると、餅まきをした。それは、よく見る風景で、子供たちにも近所の大人たちもみんなが集まり、みんなが楽しむお祝い、儀式、お祭りの様なものだった。それは、どんどん廃れていった。それが、今でも橋本市では普通にあり、子供たちも楽しみに大人達も楽しみにみんなで参加してると言う。実際、そのタイミングに私は遭ったことは無いのだが、日本の良き風習が大切に(その地域の人々にとっては当たり前のように普通に)遺されているのだと、感動した。

 

橋本市で、有名なのは、柿です。柿の葉ずし(鯖などの押し寿司)が有名です。恋野マッシュルーム。そして、ご当地グルメは、はしもとオムレツ。あと、橋本チームの友達は、みな、月のしずくというお水を持っています。やっちょん広場(JA紀北かわかみのファーマーズマーケット)という産地直送市場も楽しいです。

 

最初に橋本に行った時に、友達が連れてってくれたのは、古民家を利用したカフェで、縁側に干し柿を吊るし、また裏庭(中庭?)にはかまどがある。そこに行くまでも、まだまだこんな日本らしい風景が美しいまま、壊されないまま残っていて、もちろん現代的な建物ともうまく共存していると感動しながら、着いた先には、今までに見たことも無い山奥に広がる整然とした見事な棚田でした。仙台平野のある仙台生まれの私はおそらく初めて見るものでした。いちいち感動する。一眼レフで写真を撮れば、カメラのレンズの塵、埃などのゴミと一蹴りするカメラ好きな方も居るとしてもこんなに、美しく演出してくれるものなのか?同じカメラで撮ってもこんな風には、映らないオーブの様な光が散乱し、それも、ファインダーを覗いても見えず、シャッターを切ると、映ってしまうので、角度変えたり、色々工夫しても、ファインダーを覗いても見えないので、どうにも防ぎようが無い幻想的な写真が撮れました。

f:id:kaho1one:20181012005933j:image

もちろん、目に見える風景も、美しくて、しばし立ち尽くす私、こんな風景は子供の頃以来かもしれないと、圧倒的な自然の美しさと共存している人間の生活空間に、こっちに来て良かったなとつくづく思った瞬間だった。

f:id:kaho1one:20181012005953j:image

 

そして、さらに橋本市で面白いのは山奥の風景から、突然現れる林間田園都市駅と周辺の街に驚く。異空間?と思ってしまう。住所としては橋本市内にある南海電鉄の駅なんだけど。

情緒あふれる昔懐かしい豊かな自然の残る山間の郷でもあるが、大阪のベッドタウンとも言われており、南海 林間田園都市駅の高層マンションなどが建ち並び、美しく懐かしさを感じる田舎の風景と混在する街でもある。

友達がそのマンションに住んでいるので、何度か遊びに行ったが、和歌山セレブと言われてる人達が住む和歌山市内のマンションよりもなんだか、関東にあるような都会的な(あれ?ここ?和歌山だっけ?)感じがする異空間のような不思議な場所である。山を越えると突然現れる都市だから、なんかとっても面白い。林間田園都市駅の高層マンションのベランダから見えるのはのどかな山里の村のような風景であり後ろには郊外の新興住宅地のような現代的な戸建ての住宅地が並ぶので、そのギャップが私は面白くて好きだ。いろんな意味で余裕があれば住んでみたいとも思ったほど。

また、勝手に橋本チームと私は読んでいるのだけど、橋本チームの友達がみな魅力的な人達ばかりで、その人達がいるおかげで、さらに橋本市は私にとっては魅力的で大好きな街の1つなのです。

 

 

 

次は、橋本市から奈良県五條市、吉野郡天川村の紹介と、少しずつですが、綴って行きたいと思います。そして、まだ、具体的には決まってないのですが、金剛山にも行く予定です。

高野山についてもいずれ。

 

※このブログに掲載の写真は全てkahoが撮影したものです。無断転載・転用・使用・コピー禁止とさせていただきます。

食べ物で広がる輪

生まれた街を離れるってそう簡単ではない。かも知れないけど、そんな事想像した事もないとか、よく言われた。そういう人多いかも知れないね。旅行とは別、暮らして行くことになると、やっぱり簡単では無いかもね。

同じ地域内での引っ越しでも一大行事なのに。家族の転勤などでやむを得ずとか。自分の意思以外の理由がないと。

 

私は長いこと、アメリカに憧れ、住んでた時期があるので、あまり移住に特別に思うことは無いけれど。アメリカの時でさえ、同じ女子寮にいた友達はホームシックになる中、

(ホームシックって何?)状態の私は、すっかり日本の事など頭になくて、日々、ニューヨークの街を覚える事が楽しくて、新鮮で次々と新しいあらゆる出会いがも有り、道や地下鉄やバスに慣れることに一生懸命だった。

 

食べることに関して、柔軟である事、そこが1番の強みだったかも知れない。

ジャンクから高級レストランも、インド料理、チャイナタウン、コリアンタウン、ヴェトナム料理、ロシア料理、ケイジャン料理、1番好きなのはテクスミクスだったな。アメリカンメキシカン料理の事である。タコベルも好きで、何故今だに日本に来ないのだろう?とたまに思う。

地元に溶け込む上で、ジャンクなマカロニ&チーズやペプシやコークも好きになったし、苦手だったバターケーキもそれなりに美味しいと思うようになっていった。

 

f:id:kaho1one:20181004002757j:image

不思議なのは、同時に、日本料理も恋しくなったこと。日本蕎麦、緑茶、豆腐、白いご飯、おにぎりが恋しくてたまらなくなり、刺身、天麩羅、お寿司と、外国人に人気なベタな日本料理が好きになっていった。インドカレーやタイカレーも美味しいけど、日本のカレーも食べたい。

 

パクチーとかサフランとか癖の強いスパイスも平気、様々な各国のスパイスも好き。女子寮に住んでいる日本人が苦手としてる食べ物も1人平気で食べてた。元々、白いご飯に何かかけたのは嫌いとかそういうこだわり?制限?みたいなのは全く無い。目玉焼きには醤油派だったけれど、醤油は無いので、塩胡椒で食べてもそれはそれで美味しいので、絶対に醤油じゃ無いとダメとかも無い。

海外で料理が食べられなくて、結局日本のカップ麺で過ごした話もよく聞くけど、わたしにはそういうところが一切無い。今でも同じで、マヨラーのような極端な偏食以外はダメだけど基本、こだわりが無い。

 

今の生活では、周りの人は結構はっきり物事を言うので、気づいたけれど、私ってだいぶ何でも食べる方だと思う。エビも殻をカリッと、魚の骨もうまくカリカリに焼けてたら、バリバリ食べちゃう。野生的?ワイルド?なの?サバイバル?要するに好奇心旺盛なのだと思う。見たい知りたい体験したい。今までに無いことを経験したい欲求が強いのだと思う。(魚介以外、動物性、ジビエなどは、お付き合いで少量だけしか食べないゆるベジである事も断言しとく!)

 

その地域の地場産品、名物を聞くという会話も食べ物の話だと比較的誰とでも話が弾む話題の1つ。美味しいものが食べられて、知り合い、お友達も増える。輪が広がるキッカケになる。うちの甥っ子たちとかお寿司や天ぷらの美味しいお店に行っても「カレー」を食べちゃう今時よくいるタイプ。食に興味のない世代、甥っ子の従兄弟はジェンダーレスとかで、お菓子ばかり食べてたらしいけど、今はちゃんと食べてるみたい。友達やみんなで食を囲む方が仲間になりやすい、最初は付き合いだったかも知れないけど、良かった良かったと思う。

ホント押し付けはしないけど

そんな世代にも、無理しなくて良いけど一口とか少量でも少し冒険してほしいって思う。相手への気遣いと思いやりだけじゃ無くて、あれ?意外と美味しい場合もあるから。

そして友達も出来る♪

auさん関西方面もっと頑張ってぇ〜

1番最初に持った携帯は、NTTパーソナルのピッチ。お友達の友達に新品を(今考えてみれば、個人代理店か、その人の職場で販売してたのか?わからない)貰った気がする。もう覚えてませんが、1年使ったかな?で、ほぼ繋がらない。電池パック切れで解約に行ったら、電源入らなければ、解約出来ないと言う。

じゃあどうすれば?一生解約できない!?

若かったからお店の人の理不尽な対応に何も言えず、使用できないまま、5ヶ月目に、某電気屋さんで、DDIの機種を勧められたので、事情を話したら、電池パックを入れ替えてくれて、解約しに行っといでと、やっと解約出来た。

以来、NTT嫌いなんですよ。私。で、助けてくれたDDIを利用。ちゃんと繋がるし、すごく便利に使えてた。その後、KDDIで携帯に変更。

 

一時無料のプロバイダを使っていて、何年か後、インターネットのサーバー契約をとある業者さんとしたら、なぜかNTTからも請求書が届き?意味不明で請求が倍に。聞いてない!なので、違約金を払ってまでも契約を解除。

 

その数年後にも、パソコン契約の時にプロバイダを勧められ、前にもそうやって契約したら、NTTからも請求書が来たが、そういうことは無いですよね、としつこく確認の上契約したが、やはりNTTからも請求書が届き、またも違約金払ってまで解除した。

 

ということで、auのモバイルWiMAXを使用しています。

 

仙台に住んでいた時は、だいぶ快適に使えました。

au持ってる人も多い。地下鉄でも使える。

 

それが、伊勢市に引っ越してから、部屋で全然使えなくてびっくりしました。海側に住んでいたから?電波1本ギリギリ。場所的に、携帯が全部ダメなのかと思えば、auだけでした。20歳前後の同僚の子達が使ってる、安くて新しいモバイルの方が普通に使えていました。

びっくりするほど、役立たずでした。何度か、相談しに行って、WiMAX辞めようかと思ったのですが、契約の2年縛りに囚われて、少しごねてみましたが、塩〜な対応でした。契約時の仙台では普通に使えていたから、引っ越ししたのは、私自身の都合ですから。

 

そして、私自身もその時は、自分がその後、何処に行くか具体的には決まっておらず、ただ漠然と和歌山に行こうと思っていたので、その和歌山では使えるかもしれない、持ち歩き出来る方が楽なので、違約金払ってまで辞めることもないと、どうにも判断できませんでした。和歌山に行った時に決めることにしました。

 

そして、和歌山で最初に滞在していた紀北では、やはり電波状態は悪く、まだ、携帯としては使えるけれど、外でしか、WiMAXは使えませんでした。その滞在先には有線のWi-Fiがあったので、そちらを使っていました。引っ越し先の候補だった1F建の古民家(和歌山市内住宅地)の中でもダメで、庭の端っこまで行ってやっと1本でした。

 

今、引っ越してからは普通に使えるので良いけど、ちょっと秘境へ入ると他のキャリアの友達は電波状況変わらずで、私だけ1本とか、あるあるです。

 

携帯会社出来て何年。何十年?何故関西ではau弱いんかな?

みんなdocomoかと思えばそうでもないよね。

そしてau光も聞きに行ったら、なんとauならぬeo光を勧められる!

auのショップで!

意味わからない。なんでau大手3社のうちの一社じゃないの?

独占市場?docomoには絶対に変えない!

絶対に!

だから、auさん関西でも頑張って‼️

 

なんかもう諦めてる感否めないけどね😓

うどん (シリーズ3?)

海南市海南駅(改札口出て左)を出て左を進むとバス停の6番から出てるオレンジ大十バスに乗り大谷団地前で降ります。そこから団地を背中にするように歩いて行くと、JAながみねファーマーズマーケット「とれたて広場」があります。有名な紀ノ川市にある「めっけもん広場」に比べたら大きくはありませんが、産地直送市場ならではの沢山の野菜果物地場産品があり、楽しいです。

JAながみね−ファーマーズマーケット「とれたて広場」

 

真夏の炎天下に行ったので、(所用があり)ちょうどお昼だしと、葡萄を買った後に、敷地内にあるうどんが有名なので、ちょっと食べてみようと寄ったら、安くてびっくり‼️

f:id:kaho1one:20180926011605j:image

暑い猛暑日だったので、冷やしうどんを注文。注文で出てきたのは、お菓子?かやく?ふりかけのような天かすが乗った一瞬インスタント?みたいな、うどんでした。でも値段250円(たしか)だからそんなものと思いながら、セルフでお水を紙コップに入れ、うどん屋さんの目の前の階段を上がりオープンカフェのようなアウトドアのようなテーブル椅子に座り、食べたら、ナニコレ?美味しい💕で、氷が効いてる‼︎暑さ吹き飛び、すっかり上機嫌💕麺のコシがすごくしっかりしてて、オイシイ!そうそう💡うどんの麺はコシがしっかりして喉越しも良く

久々に美味しいおうどんいただきました。

f:id:kaho1one:20180926011539j:image

お店の外はミストが振りまかれ涼しさが和らぐ、と炎天下にも負けず、気持ち良くお店を後にしました。

これも炎天下の中の夏の思い出だなあ。

もう少し頑張ってブログ記事、リアルタイムも取り入れて行きたいと思います。

時々食べたくなる伊勢うどん

もう2年前になってしまったけど、三重県伊勢市に住んで居たこともあるので、

そこで、自炊する時にはいつも伊勢うどんを食べておりました。

f:id:kaho1one:20180926001925j:image

安い、1人前一袋80円前後。たれは、鰻の蒲焼のたれのような柔らかプラスティックボトルに入ったもの、一般的によくある醤油サイズ、アルミパックなど別売りで売っています。(もちろんセットも有り)出汁入りたまり醤油です。これもまた幾つかおいてあるのでお好みで選びます。(それも200円〜300円前後かな)各スーパーによって、2、3種類のメーカーが置いてあります。麺は横綱のイラストがインパクト強いものなど昭和なデザインがいい感じです。

薬味は小葱(青ネギとか奴ネギ)のみ。たまに卵入れたり、花鰹かけられてたりが基本です。

自炊で作るのも簡単。麺を茹で、熱いうちに器に入れてたまり醤油をかけ、茹でるだけ、ネギ切るだけ、かつ節かけるだけ。(醤油が合うおひたし青物なんでも添えても合うかも)

讃岐うどん知ってから、麺のコシにうるさかった私も、伊勢うどんは別モノとして、めちゃくちゃハマった。(こういう言い方しても、普通のコシがある麺の方が良いと、食べずに嫌う方沢いらっしゃいます。これこそ、食わず嫌いという言葉がピッタリで、美味しさを知らないのはもったいない)

私はもともと雑食なので、自分が食べたことが無い食べ物は食べてみたくなるタイプ。だから、コシがないという事前情報は知っていましたが、名物になるからには、やっぱり美味しいのだろうと思ってました。

コシがあるうどんじゃないと、ダメだったのにね。

これはこれ、あれはあれ。なのです。

 

実際に食べてみたら、想像よりも数倍、美味しかった。柔らかくて、美味しい💖美味しい💖美味しい💖

 

おうちで、自分で作ってもシンプルに美味しいのです。コシをしっかり出すために冷水で引き締め洗うこともありません。

 

伊勢うどんのたれは飲み屋さんのお姉さんに教えられたのは、冷奴にかけると美味しいと、出してくれて、本当に美味しくいただきました。他の薬味無したれのみでも、美味しい。私は、ネギを微塵切りしてたれに浸して置いたものをかけて食べるのが好きです。木綿豆腐と合わせるのが好きですが、絹でも美味しいと思います。

 

伊勢市二見の二見シーパラダイス(現在は伊勢シーパラダイス)に隣接してるお土産屋さんにあるレストランの山口製麺所で食べた「天ぷら伊勢うどん

f:id:kaho1one:20180926000942j:image

伊勢市で有名なうどんのメーカーといえば山口製麺なのですが、別会社?よくわからんのですが、新しめのきれいな店内に吸い込まれ、入ってみたら、めっちゃ美味しかった。今回改めて、場所とかGoogleで見たら口コミ低評価だったけど、フェイスブックでは結構評判良いし、私はめっちゃ美味しかったです。ああいう特に食べログの評論家ぶった一般人の口コミは、美味しい店でも美味しく無いと書く人がいるのでいやがらせなんかな?とたまに思うので、話半分で、いつものようにあてにしません。伊勢うどんのたれが美味しいから、そのたれって天ぷらにかけても美味しいわけで、出来立て揚げたてというのも重なり、むちゃくちゃ美味しかったです。

 

また、伊勢シーパラも楽しいのよ。ふれあいの水族館と言われてた気がする。

f:id:kaho1one:20180926001008j:image

www.asoview.com

 

 

そのまま、東の方へ進むと、砂浜があり、海があり、ちょっと浜辺で遊べます。そして八大龍王の龍宮神社をお参りして、伊勢神宮にお参り前の禊の場所と地元の人が言う、二見の夫婦岩を眺め二見興玉神社に行くことも出来ます。正確な順番的には、二見興玉神社が先でしょうか。

f:id:kaho1one:20180926001457j:image
f:id:kaho1one:20180926001455j:image

www.kankomie.or.jp

禊後の順番としては、伊勢神宮は、伊勢市駅から徒歩で行ける外宮(げくう)参拝→さらにバスで伊勢神宮の内宮(ないくう)に行きます。徒歩結構平気な私でも、さすがに、バス乗りましたよ。でも五十鈴川駅(五十鈴ケ丘駅と間違えないように)からなら徒歩も有りかも?内宮参拝後は、おかげ横丁で楽しめます。

 

外宮側にある月夜見宮、内宮側の五十鈴川駅にある月讀宮もおすすめです。

サクッと伊勢神宮についても書いたけど、いずれ、また改めて記事にしますね。

 

さて、伊勢うどんが、隣の県である同じ紀伊半島和歌山市内のスーパーに売ってないのは、結構残念なことだと思いますが、こちらはこちらでうどん文化があるので、何処か相容れないものがあるのでしょうね。

 

全国の名産品などの食材を扱うスーパーや、近鉄百貨店にはあるので、たまに買いますが、お土産品のお値段なので、本当にたまにしか買いません。でもホント時々無性に食べたくなるのですよ。

f:id:kaho1one:20180926000840j:image

※このブログに掲載(リンク先は除く)の写真は全てkahoが撮影したものです。無断転載・転用・使用・コピー禁止とさせていただきます。